簡単なごぼう茶の作り方について

ここでは、簡単なごぼう茶の作り方について、詳しく説明していきたいと思います。

多くの方は、市販で販売されているティーバックタイプのごぼう茶や茶葉タイプのごぼう茶を購入していると思われますが、材料を用意すれば自宅で簡単にごぼう茶を作れるのです。

面倒だなと思う方は、気軽に飲めるペットボトルタイプのごぼう茶が良いと思われますが、少しでも節約したいという方は、手作りのごぼう茶を作ることをおすすめします。

自宅でごぼう茶を作ったとしても、既製品と同じようにごぼうにはサポニンやイヌリンといった有効成分が含まれているので、老化の原因となる活性酸素を排除したり、腸内環境を改善したりといった効果は十分に期待できるのです。

では、どのようにごぼう茶を作れば良いのか説明していくので、参考にしてみてください。

色々な作り方があるのですが、ここでは簡単な方法をお教えします。

ごぼうの調理から始めよう

まずは、ごぼうの調理から始める必要があります。

ごぼうであれば何でも良いのですが、できる限り国産で農薬が使われていないようなごぼうを選ぶようにしてください。

そうすれば、より安全なごぼう茶を作ることができるのです。

さて、ごぼうの皮に栄養分がたっぷりと含まれているので、それを残したままタワシで汚れを落とし、スライスしましょう。

ごぼうを干そう

スライスしたごぼうを、半日ほど天日干しにして乾かします。

面倒だと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、乾燥させることによって若返りに大きな期待ができるサポニンが、ごぼうの中に凝縮されるのです。

ごぼうを炒めよう

ごぼうを干し終わったら、10分ほど炒めて水分を飛ばしてください。

ごぼう茶の完成

最後にお湯を注いで、3分ほど経過すればごぼう茶の出来上がりです。

冬はそのままホットで飲むのが良いですし、夏は作り置きをして冷やし、麦茶のように氷などを入れて飲んでみてください。

 

たったこれだけの方法でごぼう茶を作れるので、簡単だと感じる方が多いはずです。

天日干しをするのが面倒という方は、電子レンジを使って乾燥させる方法もあります。

ラップを下に敷いてその上にごぼうを置き、全体で7~8分ほど乾燥させましょう。

ただし、水分が飛んでカラカラになったところから発火する可能性があるので、電子レンジを使用する際は十分に気をつけてください。

また、自宅で作ったごぼう茶でも飲みすぎることでお腹を下すことがあるので、一日の摂取量に気をつける必要があります。

「ごぼう茶の作り方」についてのページ