体内に宿便が溜まるとどうなるの?

体内に宿便が溜まるとどうなるの?

皆さんは宿便という言葉を耳にしたことがありますか?

宿便とは便秘が原因で体内に長い期間に渡って留まっている糞便を指しています。

年齢や性別に関わらず誰の身体の中にも宿便はありますので、そこまで神経質になる必要はありません。

しかし、体内にあまりにも多くの宿便が溜まっていると、下記のように様々な弊害やトラブルがあります。

 

・数ヵ月から数年間に渡って腸壁にこびりついている老廃物で、放置していても排出されることはない

・食べ物の消化や栄養素の吸収を妨げて、アンモニアを中心に毒素が発生しやすくなる

・血液が汚れて大腸がんを中心に様々な病気を発症するリスクが高くなる

・体内で発生した毒素が全身の肌に行き渡り、肌荒れを引き起こしやすくなる

 

個人の体質によって変わりますが、大よそ3㎏~5㎏の宿便があります。

毎日便通のある人でも宿便は溜まっていくものの、量が多すぎると病気のリスクが高まりやすいので、キレイに取り除かないといけません。

 

宿便が溜まっている人に共通する特徴

下記の症状が頻繁に起こっている人は、宿便が溜まっているサインや前兆だと捉えられます。

・口臭や便臭が気になる(誰かに口臭を指摘された)

・便秘や下痢など腸内環境が悪化している

・便の色が悪くて普段とは違う悪臭を放っている

・身体が疲れやすくなってダルいと感じやすい

・アレルギー性鼻炎の症状が加速している

・お腹が張って腹痛を訴えることが多い

・ニキビや吹き出物などの肌荒れが全く治らない

「これってもしかして・・・」と疑わしい症状が出ていたら、宿便が原因だと考えた方が良いでしょう。

 

ごぼう茶を飲んで宿便を解消できる理由はこれだ!

現在では若い女性を中心に、ごぼう茶が流行っています。

コンビニや薬局などの実店舗だけではなく、インターネット通販で様々な種類のごぼう茶を購入できるようになりました。

女性からごぼう茶が愛されているのは、アンチエイジングや若返りの効果を持ち合わせた飲み物だからです。

このごぼう茶はアンチエイジングだけではなく、便秘や宿便の解消にも適しています。

ごぼう茶を飲み始めてから、「便秘の症状が改善された」と口コミを残している方の数は少なくありません。

なぜ飲み物のごぼう茶を飲んで宿便を解消できるのか、いくつかの理由を挙げてみました。

 

・腸内環境を促す不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランス良く含んでいる

・腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らすオリゴ糖が入っている

・高い利尿作用で体内の毒素や老廃物を排出してくれる

 

善玉菌を増やして腸内環境を整えるサポートをしてくれるごぼう茶は、宿便の溜まりにも効果的な飲み物です。

もちろん、ごぼう茶に下剤のような効能はありませんので、スルスルと便が体外に排出されるわけではありません。

それでも、現代人が不足しやすい食物繊維がたっぷりと含まれていますので、食生活が乱れている人ほど毎日の生活にごぼう茶を取り入れるべきですよ。

 

ごぼう茶を飲んで宿便を解消するメリット

「宿便は誰にでもあるなら無理に出さなくても良いのでは?」と考えている方はいませんか?

しかし、ごぼう茶を飲んで宿便を解消すると、下記のように様々なメリットがあります。

 

・頑固な便秘の症状が緩和して、吐き気や腹痛で悩まされにくくなる

・体内の毒素や老廃物が減ると、肌荒れや肌トラブルを予防できる

・女性が悩まされやすい手足のむくみの症状が改善される

・身体の内側からキレイになって健康的なライフスタイルを送れる

 

宿便は体内に残っていて良いものではありませんので、できる限り体外に排出した方が良いですね。

「どのごぼう茶がおすすめ?」「どのごぼう茶が人気なの?」と悩んでいる方は、山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみましょう。

山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶はネット通販限定の高品質なごぼう茶で、国産で栄養価の高いごぼうを使っています。

味を確かめられるお試しパックもありますので、是非一度山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

宿便を取り除く方法

ごぼう茶を飲むだけで、体内の宿便をキレイに取り除けるわけではありません。

飲み物による効果には限界がありますので、クリニックや病院で腸洗浄法を受けてみましょう。

病院で実施されている腸洗浄法は、「直接チューブを肛門に入れる」⇒「温水にて大腸洗浄を行う」という方法と、「特別な液体の下剤を服用する」⇒「自分で排泄する」というやり方の2つに大きくわけられます。

個人の宿便の量によって適した方法は異なりますので、一度クリニックに足を運んで専門医に相談してみてください。

「ごぼう茶の効果」についてのページ