ごぼう茶とポリフェノールについて

ポリフェノールとは、植物が光合成をすることで作られる物質のことを指します。

高い抗酸化作用を持っていることで話題となり、木の皮や花など色々な部分に含まれているのです。

ポリフェノールと一口に言っても、クルクミンやイソフラボン、タンニンといったように色々な種類があり、それぞれ私たちにもたらしてくれる効果は異なります。

つまり、血糖値の急上昇を防いでくれるポリフェノールや、血液の中のコレステロール値を抑えてくれるポリフェノールもあるのです。

ポリフェノールと聞くと赤ワインを思い浮かべる方がいらっしゃると思われますが、確かに赤ワインにも含まれており、抗酸化作用と若返りの期待ができます。

このようなポリフェノールはごぼうの灰汁に含まれているのですが、灰汁抜きをすると摂取することができません。

とは言っても、灰汁抜きをせずにそのままごぼうを食べると、ごぼう茶とサポニンで説明したように、アレルギーが引き起こされる可能性があります。

そのため、灰汁抜きは欠かさずに行った方が良いでしょう。

「では、どうやってポリフェノールを取り入れるの?」と思った方は、ごぼう茶を飲んでみてください。

ごぼう茶であれば、簡単に若返りに効果的なポリフェノールを摂取できるのです。

黒プーアルごぼう茶にもこの成分は配合されており、1杯当たり33円と大変お安くなっているので、非常におすすめです。

健康を維持し、若返り効果を得たいという方は、黒プーアルごぼう茶を飲んでみましょう。

上記でごぼう茶に含まれているポリフェノールは、若返り効果を期待できると説明致しましたが、それ以外にも腸の環境を整えてくれる作用があります。

脂っこい食事はダメだと気をつけていたとしても、ついつい食べ過ぎてしまう方はいらっしゃるはずです。

脂肪過多の食生活は確かに楽しいのですが、知らず知らず腸内環境を悪化させて、生活習慣病が引き起こされてしまいます。

そこで、整腸作用が期待できるポリフェノールを定期的に取り入れることで、腸内に溜まっている毒素を排出できるのです。

ごぼう茶には食物繊維も多く含まれており、これも腸の環境を整える作用があるので、ダブルの効果が期待できます。

「ごぼう茶が便秘を解消できる」というのは決して嘘ではなく、このような成分を多く含んでいるからなのです。

自分の腸の状態は把握できないのですが、気が付かない間に悪化している可能性が高いので、ごぼう茶で改善してみてください。

「ごぼう茶の成分」についてのページ