ごぼう茶とオリゴ糖について

ごぼう茶の中には様々な栄養素が含まれており、その一つがフラクトオリゴ糖です。

そもそも、オリゴ糖とは複数の単糖が繋がった糖質の一種で、腸内のビフィズス菌を増殖させる因子となっております。

腸内の悪玉菌が増え、善玉菌が減ると環境が悪化し、便秘や下痢といった不快な症状で悩まされやすくなるのです。

ごぼう茶の摂取で便秘の解消に繋がると言われているのは、食物繊維だけではなくオリゴ糖も含まれているからかもしれません。

ごぼう茶の中に含まれているフラクトオリゴ糖は、ビフィズス菌といった善玉菌だけに働きかけて悪玉菌には作用しないため、特に腸内環境の維持に適しております。

乱れた生活習慣で簡単に腸内環境は崩れやすく、一度崩れた状態を元に戻すのは難しいため、毎日の生活の中にごぼう茶を取り入れる価値は大いにあるはずです。

そこで、以下ではオリゴ糖の摂取によってどのような効果が得られるかまとめてみました。

 

・ビフィズス菌や乳酸菌を中心とする善玉菌のエサになって腸内環境を整える

・体内の不要物質を吸着して体外へと排出することで便秘を解消する

・デトックス効果によってニキビやシミといった肌トラブルを防ぐ

・悪玉(LDL)コレステロールを減らして動脈硬化を予防する

・カルシウムや亜鉛などのミネラルの吸収率がアップする

 

上記のように、オリゴ糖は腸内環境を整える際に大きく役立ち、便秘や下痢で悩まされている方に最適です。

女性の場合、ホルモンバランスの乱れや生理、冷え性によって男性よりも便秘に悩まされやすいと言われております。

上手くお通じができないからといって便秘薬に頼るのはあまり良くないので、フラクトオリゴ糖が含まれたごぼう茶を飲むように心掛けるのは良いのではないでしょうか。

フラクトオリゴ糖は、「お腹の調子を整えたい人に適した食品」と許可を受けている特定保健用食品の成分ですし、低カロリーの甘味料なので糖分の過剰摂取には繋がらないはずです。

そもそも、ごぼう茶の中には糖質や脂質があまり含まれておらず、ビタミンやミネラル、ポリフェノールや食物繊維が豊富な飲み物なので、健康的なのは間違いありません。

また、オリゴ糖はヨーグルトと一緒に摂取することで、相乗効果が得られると言われております。

ヨーグルトの中に含まれている菌との相乗効果でより効率良く腸内環境を整えられますし、過敏性大腸炎の症状を緩和できることも分かりました。

当サイトでは国産の山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶をご紹介しているので、同時に無糖のヨーグルトなどを食べてみてください。

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

「ごぼう茶の成分」についてのページ