ごぼう茶と乳腺炎について

女性の中で、授乳中の方は乳腺炎という病気に悩まされることが多くなっております。

簡単に説明すると、身体の中で母乳が詰まり、色々な症状が引き起こされる病気です。

乳腺炎と一口に言っても表れる症状は人によって異なり、熱を持って大きく腫れ上がったり、突然しこりができて高熱が出るという方もいらっしゃいます。

どのような状態であったとしても、放置することで症状はどんどん悪化するので、最終的には切開しなければならなくなるのです。

そのため、炎症が引き起こされているのであれば、直ぐに助産院や産婦人科を訪れてみてください。

さて、実際に炎症が引き起こされているのであれば、直ぐに病院へと行かなければなりませんが、ごぼう茶で乳腺炎を予防することは可能です。

ごぼう茶に含まれている成分によって、乳管を広げて詰まりを解消してくれます。

つまり、サラサラの母乳になるので、途中で詰まる乳腺炎を予防できるというわけです。

人によっては乳腺炎は、非常に大きな症状が引き起こされる可能性があるので、ごぼう茶での予防は大事なのではないでしょうか。

そこで、爽快ごぼうなた豆茶がおすすめです。

食事の際やお休みの前に、爽快ごぼうなた豆茶を飲むことで、簡単に乳腺炎を予防できるのです。

ごぼう茶には腸内環境を改善するという効果もあるので、授乳中の便秘に悩まされている方にも適しています。

授乳中は女性ホルモンのバランスが乱れるので、爽快ごぼうなた豆茶で改善してみてください。

 

>>> 爽快ごぼうなた豆茶の詳細はこちら

 

上記で説明したように、乳腺炎は皆さんが思っている以上に怖い病気の一つです。

そのため、予防することに越したことはありません。

ただごぼう茶を摂取するだけでも大きな効果を期待できるので、授乳を始める前から飲んでみましょう。

また、赤ちゃんにいっぱい飲んでもらうことで、乳腺炎を改善できます。

「乳腺炎になった母乳は害があるのでは?」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、赤ちゃんの身体に悪いということはないのです。

ただし、乳腺炎になった状態での母乳は、正常な状態よりも不味くなっていることが多いので、嫌がる赤ちゃんはいらっしゃいます。

かと言ってミルクに頼っていると、乳腺炎を解消できないので、赤ちゃんが眠たそうな時を狙って授乳してみてください。

また、カロリーの摂取し過ぎによって乳腺炎の症状は悪化する可能性があるので、和食を中心にしてカロリーを抑えるような食生活に変える必要があります。

「ごぼう茶の効果」についてのページ