のむらの茶園のごぼう茶の特徴をチェック!

のむらの茶園は国産のごぼう茶を数多く取り扱っているメーカーの一つです。

「美味しい健康茶を飲みたい」「国産の安心できるお茶が欲しい」といった方のために、厳選された材料を使って作っていますね。

のむらの茶園でどんな健康茶が製造されているのか幾つか見ていきましょう。

 

・渋みと甘みのバランスの取れた「さしま茶ブレンド」

・カフェインやタンニンの少ない「茨城県産さしまほうじ茶」

・爽やかな風味と濃厚な旨味を持つ「静岡県産やぶ北」

・煎茶とは異なる独特の香りを持った「鹿児島県産あさつゆ」

・知覧地区限定のお茶の「鹿児島県産知覧茶」

 

これらの中でも、のむらの茶園のごぼう茶はインターネット通販を中心に高い人気を獲得しています。

近年では美容と健康の両方に良いことで、若い女性や中高年の女性を中心にごぼう茶の人気が高まりました。

そんなごぼう茶をのむらの茶園でも作っていて、Amazonや楽天市場といった販売店で購入可能ですよ。

以下ではのむらの茶園のごぼう茶にどんな特徴があるのかまとめていますので、他の製品との違いをチェックしておきましょう。

 

国産のごぼうのみを使っている

「外国産のごぼう茶はあまり飲みたくない」と考えている方のために、のむらの茶園のごぼう茶は国産のごぼうのみを使っています。

海外産のごぼう茶が全てダメだと言い切ることはできないものの、中国産の製品には次のリスクがありますので気をつけなければなりません。

 

・ごぼうの皮に残留農薬が付着している可能性がある

・日本では許可されていない農薬を使っているかもしれない

・原材料へとコストをかけていない(その代わりに料金が安い)

 

いくら1杯当たりの料金が安かったとしても、お茶を飲んで農薬や添加物の影響で逆に健康が阻害されては全く意味がないですよね。

口に直接入れるものは安全であるに越したことはなく、国産の原材料を使って作られたのむらの茶園のごぼう茶をおすすめします。

 

ノンカフェインで妊婦さんや授乳中でも飲める

他の製品にも該当しますが、のむらの茶園のごぼう茶はノンカフェインですので妊婦さんや授乳中でも飲めます。

妊娠中や授乳中のカフェインの過剰摂取はできる限り避けなければならず、どんなリスクがあるのかまとめてみました。

・妊娠中は胎盤を通してお腹の胎児へとカフェインが行き渡りやすくなり、流産や早産のリスクが高くなる

・授乳中はカフェインが母乳の中に移行し、上手く消化できない赤ちゃんの身体へと行き渡りやすい

コーヒーを1日に1杯程度飲むくらいであれば、母体や赤ちゃんへと大きな支障は出ません。

しかし、飲みすぎていると様々なリスクがありますので、ノンカフェインの飲料をお探しの女性にはのむらの茶園のごぼう茶が適していますよ。

 

のむらの茶園のごぼう茶の口コミや評判はどう?

のむらの茶園のごぼう茶がどんな評価を獲得しているのか、以下では口コミの評判を幾つか紹介しています。

・お手頃な価格で購入できますので個人的には助かります

・ごぼうの風味や香りがしっかりと出ているのにも関わらず飲みやすいです

・美味しかったので今後ものむらの茶園のごぼう茶を飲み続けたいです

・冷やしたり温めたりと自由にアレンジできる点が気に入っています

・すくう部分が深さがあって使いやすいところが良いと思いました

・もう少しだけごぼうの味が濃ければ満足していました

・お父さんの足の臭いのような感じで私には全く合わない健康茶です

・これだけ料金が安ければ毎日でも飲み続けて良いと思います

 

のむらの茶園のごぼう茶にデメリットはある?

口コミの評判もそれなりに高いのがのむらの茶園のごぼう茶の特徴ですが、健康茶の中でそこまで知名度は高くありません。

マイナーなメーカーが作っていますのでAmazonや楽天市場でのレビューも少なく、これがデメリットの一つですね。

のむらの茶園のごぼう茶とは違い、若返りの研究を行っていることで有名な南雲先生が監修している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は知名度も人気も高くなっています。

同じように国産の高品質なごぼうを使って作られていますので、初めて飲む人は山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶のお試しセットを試してみてください。

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

「ごぼう茶を通販で」についてのページ