ごぼう茶の飲み方について

若返りが期待できるということで有名となったごぼう茶ですが、色々な飲み方があります。

様々な飲み方を試すことで、味が微妙に変わるかもしれないので、自分の好きな方法を見つけてみてください。

急須に入れて飲む

最も一般的な方法だと思われますが、急須でごぼう茶を飲むという方が多いのではないでしょうか。

この飲み方が一番簡単ですので、気軽に飲みたいという方におすすめです。

ごぼう茶の種類によって一度に入れる量は多少異なるかもしれませんが、茶葉3g程度(スプーン1杯~2杯)を急須の中に入れて、その上から熱湯を注ぎ、3分ほど待ってから飲んでみてください。

1回で3杯ほど美味しいごぼう茶の風味を味わうことができます。

煮出しして飲む

煮出しして飲むという方もいらっしゃると思います。

沸騰させた約1リットルの水に対し、茶葉を10g程入れて弱火で5分間ほど煮出ししてみてください。

これで美味しいごぼう茶を飲むことができます。

人によっては薄かったり濃かったりするかもしれないので、お好みに合わせて茶葉の量や煮出す時間を変えましょう。

ここを工夫することで色々な味を楽しめるのです。

オリジナルの味を出すことも可能ですので、煮出して飲む方法はおすすめとなっております。

冷やして飲む

茶葉を通常の2倍ほど入れ、濃いごぼう茶と氷をロックグラスに入れて飲むことで、冷たいごぼう茶が完成です。

「ごぼう茶はホットでしか飲めないのでは?」「ごぼう茶は温かくなければ効果がないのでは?」と思っている方がいらっしゃいますが、冷やして飲んでも同じような効果を得られます。

夏などの暑い季節には、冷たくして飲むのがおすすめです。

 

このように、ごぼう茶は色々な飲み方ができるというメリットがあります。

温かくしたり冷たくしたり変えることで、異なる味を楽しむことができるので、飽きずにごぼう茶を飲んでいくことができるのではないでしょうか。

ただし、ごぼう茶を飲みすぎることで、サポニンの過剰摂取となり、身体に異変が引き起こされるかもしれないので、美味しいからといって1日に大量のごぼう茶を飲まないように注意してください。

爽快ごぼうなた豆茶は、上記で紹介したような色々な飲み方を試せます。

ホットで飲んでもアイスで飲んでも非常に美味しいごぼう茶となっているので、食事のお供として適しております。

もちろん、寝る前に1杯のごぼう茶を飲むことでリラックスできるので、就寝前にもおすすめです。

 

>>> 爽快ごぼうなた豆茶の詳細はこちら

 

「ごぼう茶の飲み方」についてのページ