ごぼう茶は何杯まで飲めるの?

「ごぼう茶は1日に何杯まで飲めるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

確かに、健康茶と言えど飲む量に制限があるのではないかと考えるかもしれません。

しかし、ごぼう茶は医薬品ではなく健康補助食品と同じですし、中毒性のあるカフェインも含まれていないため、基本的には何杯でも飲むことができます。

喉が渇いた時に何かしらのドリンクを口にする代わりに、ごぼう茶を喉を潤す目的で飲んでも特に問題はないというわけです。

「1日に○杯までしか飲んではいけない」とは記載されておりませんし、これはどのごぼう茶の製品でも一緒なのではないでしょうか。

通販で販売されている製品ならば香ばしくて飲みやすく、国産の食材を使ったごぼう茶が多いため、安心して何杯でも飲むことができます。

特に、当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は質の高いごぼうを使った製品なので、最初にお試しセットを購入してみてください。

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

さて、上記ではごぼう茶に中毒性はなく、医薬品のように用量や用法に規定はないため、何杯でも好きなだけ飲めると記載しました。

健康茶なので副作用はないものの、胃腸の弱い人や免疫力が弱った人があまりにも過剰にごぼう茶を摂取すると、サポニンという成分に負ける可能性があるので注意が必要です。

ごぼう茶はゴボウの皮の部分をふんだんに使っており、この中には不要なコレステロールを分解したり滋養強壮効果のあるサポニンが含まれております。

悪玉のコレステロールが体内で増えすぎると動脈硬化の原因となり、心筋梗塞といった病気に繋がるリスクが増すため、血液浄化作用のあるサポニンが含まれたごぼう茶を飲み続けるのは効果的です。

しかし、サポニンは地中の細菌から守るために強力な分解作用を持っており、過剰摂取によって身体にとって良い成分まで破壊してしまうという弊害があります。

常識的な量のごぼう茶を飲んでいるのならば問題ありませんが、一度に1.5リットルサイズのごぼう茶をゴクゴクと飲むような真似をしていると、身体に何かしらの弊害が生じやすいのです。

1日に2杯から3杯程度がベストで、4杯から5杯くらいでもサポニンの副作用で悩まされることはないでしょう。

それでも、度を過ぎた量を飲むのは危険性が高いですし、1日に飲む量を増やしても継続しなければ意味がないと心得ておいてください。

「ごぼう茶の注意点」についてのページ