ごぼう茶を水出しで飲もう

ごぼう茶は色々な飲み方ができるというメリットがあり、自分が最も美味しいと感じる飲み方で続けるのがベストかもしれません。

ごぼう茶と聞くとホットで飲むイメージがありますが、水出しでアイスティーにすることもできます。

ホットで淹れたごぼう茶を冷蔵庫で冷やしても良いですし、ティーバッグ商品ならば水筒の中に入れて水を注いで放置するだけで完了です。

水出しする場合は、水に漬けておく時間によって味を調整でき、「濃いごぼう茶を飲みたい」という場合は6時間から7時間ほど放置します。

青汁とは違って多少は味が濃すぎても、「不味い」「苦い」とは感じにくいですし、逆に香ばしさが増すのではないでしょうか。

味見をしてみて薄いと感じたらもう少しティーバッグを漬けておき、丁度良い濃さになったらティーバッグを取り出せば良いのです。

気温が高い夏場には水出ししてアイスで飲むのが良いですし、ホットでもアイスでもゴボウの成分が失われることはありません。

「気温が高い夏場はアイスで」「気温が低い冬場はホットで」と、季節によって飲み方を変えてごぼう茶を楽しむべきです。

当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶も、水出ししたり急須で淹れたりと様々な飲み方ができます。

安全で栄養価の高い国産のゴボウを使っている健康茶なので、まずは山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶のお試しパックを購入してみてください。

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

さて、水出ししてごぼう茶を飲む場合、ティーバッグを漬け過ぎていると味が濃くなります。

「まろやかなごぼう茶をアイスで飲みたい」という場合は水出しではなく、ホットで淹れてから冷蔵庫や冷凍庫で冷やして飲んだ方が良いでしょう。

そうすれば味が濃くなりすぎることはありませんし、スッキリとした味わいのごぼう茶を楽しめるはずです。

また、ごぼう茶は香ばしくてクセがないので、他の飲み物とアレンジして飲むのも選択肢の一つかもしれません。

飲み方を変えていても、アイスやホットだけでは飽きてしまいますし、そんな時には豆乳と混ぜ合わせるのが適しております。

豆乳はごぼう茶との相性が実に良く、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボンが豊富です。

無調整豆乳は苦くて飲みにくいものの、ごぼう茶と混ぜ合わせればまろやかになり、遥かに飲みやすくなるのではないでしょうか。

特に決められたアレンジ方法はないので、様々な健康茶とごぼう茶を混ぜ合わせてみて、どのような飲み方が美味しいのか試してみてください。

「ごぼう茶の飲み方」についてのページ