口内炎とはどのような症状?

口内炎とはどのような症状?

今まで生きてきた人生の中で、口内炎が引き起こされたことは一度はあるのではないでしょうか。

「痛い口内炎を何とかしたい」と悩む方は多く、口内の雑菌の繁殖や免疫力の低下、ビタミンB群の不足など原因は様々ですね。

そこで、以下では口内炎によってどのような症状が出るのか幾つか挙げてみました。

 

アフタ性口内炎:はっきりとした小さな腫瘍が形成される病気で、食べ物や飲み物を摂取するとしみる

カタル性口内炎:口内に赤い炎症や斑点ができ、全体的に赤く腫れ上がるような症状が一般的

ヘルペス性口内炎:乳幼児の発症が多く、小さな水ぶくれが形成されて痛みを感じることが多い

カンジダ性口内炎:カビの真菌が繁殖するのが原因で、出血したり味覚の異常を引き起こしたりする

 

口内炎の種類によって症状には違いがありますが、「痛みが走る」「食べ物を食べにくい」といった点では一緒です。

ごぼう茶に口内炎の副作用はあるの?

近年では身体の内側から健康や美容を促すために、毎日の生活の中にごぼう茶を取り入れる方は増えました。

お子さんからお年寄りまで幅広い年齢層に愛されていますが、口内炎の副作用が出たと報告があります。

個人の体質やごぼう茶の飲み方によっては、副作用で不快な症状が出るケースがあるようです。

以下ではごぼう茶と口内炎の関係性についてまとめていますので、「副作用が出るのでは?」と不安を抱えている方は一度チェックしておきましょう。

 

①1日の目安摂取量を守らずにごぼう茶をガブガブと飲む

②野菜のごぼうのアクにはサポニンが含まれている

③サポニンは血中の悪玉コレステロールを低下させたり、免疫機能を司るナチュナルキラー細胞を活性化させたりする作用を持つ

④身体に良い働きをする一方で溶結性が非常に強い

⑤溶結性の働きが引き金となって口内炎や下痢を起こす

 

口内炎による痛みだけではなく、お腹の調子が悪くなって下痢が引き起こされている人はサポニンによる影響だと判断できますね。

適量であれば重篤な副作用には繋がらないので、ごぼう茶の飲み過ぎにだけ注意した方が良いでしょう。

当サイトで紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は、国産の品質の高いごぼうが使われています。

そんな山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶でも、早く効果を実感するためにガブガブと飲んでいると口内炎や下痢などの症状で悩まされやすいのです。

飲む量に比例した効果が得られるわけではないので、1日に1杯や2杯の山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を長期間に渡って飲み続けて美容や健康を促してみてください。

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

「ごぼう茶の注意点」についてのページ