ごぼう茶の保存期間について

「ごぼう茶の保存期間が分からない」という方は多くいらっしゃるでしょう。

商品によって異なるので、一概に保存期間を説明することはできませんが、ごぼう茶の茶葉は湿気を避けて保存をしておけば、かなり長い年月をもたせることが可能です。

「○○ヶ月大丈夫」と説明はできませんが、茶葉の状態であれば1年以上は確実にもつと思うので、直ぐに飲めなくなるという心配は全くありません。

ただし、保存方法によって保存期間は大きく変わるので、湿気を避けるということを頭に入れておいてください。

どんなに長持ちする商品であったとしても、保存方法が悪ければ直ぐにダメになってしまうのです。

ごぼう茶を既製品ではなく、自宅で作っているという方がいらっしゃいます。

既製品を購入するよりも安上がりで済むので、オリジナルのごぼう茶を作りたいという方に試して頂きたいのですが、この保存期間は2、3日程度となっております。

場合によってはもっと長持ちするかもしれませんが、早めに飲んだ方が良いことには変わりません。

既製品の茶葉とは違って直ぐに傷む可能性があるので、時間を置きすぎるとお腹を壊すことがあるので、十分に気をつけてください。

当サイトで紹介している爽快ごぼうなた豆茶の保存期間も、一般的なごぼう茶と大きくは変わらないと思われます。

1日1杯ほどのごぼう茶を飲んでいれば、腐ったりダメになったりする心配はないので、自分のペースで飲んで美容と健康を気遣うと効果的です。

 

>>> 爽快ごぼうなた豆茶の詳細はこちら

 

もし、煮出ししてごぼう茶を保存しようとしているのであれば、お茶や麦茶を煮出しした時のように冷蔵庫で保管します。

自分でごぼう茶を作るという方は、このように保管すると良いです。

ただし、その保存期間は冷蔵庫で3日間ほどとなっております。

それ以上保存していると、飲んで下痢といった症状が引き起こされるかもしれないので、早めに飲んだ方が良いのです。

一般的に言われている保存期間よりも、短めに考えておいた方が良いかもしれません。

しかし、冷蔵庫の中でごぼう茶が濁ってきたり、沈殿物が発生したという場合は、かなり危険な状態ですので、飲まない方が良いと思います。

煮出しではなく水出しならば、保存期間は1日程度を目安にしてください。

ごぼう茶はホットで飲んでも、冷やして飲んだとしても、効果はそこまで変わりません。

ただ、どのような飲み方をしたとしても、煮出しや水出しをすると保存期間は短くなるので注意が必要です。

「ごぼう茶の注意点」についてのページ