ごぼう茶と冷え性について

手足の先が寒くて仕方がないといったような冷え性に悩まされている方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

特に女性に多く見られる症状で、手足が震えて仕方がないという子供は少ないことから、老化現象の一つではないかと考えられております。

この冷え性は病気ではありませんが、辛い症状の一つなのですが、実はごぼう茶を飲むことで改善できるのです。

ごぼう茶に含まれているサポニンには、血小板の凝縮を抑えることで、血液の流れを改善する効果があります。

つまり、血液が手足の先までサラサラと流れやすくなることで血行が良くなり、冷え性が解消されていくというわけです。

実際にごぼう茶を飲んで、「手足が氷のように冷たくなることがなくなった」「昨年よりも冬の寒さが軽減された」と感じた方は多くいらっしゃいます。

ごぼう茶の中に配合されているサポニンにはこのような効果があるので、飲む価値は大いにあると言えるでしょう。

「冷え性の改善にはごぼうを食べれば良いのでは?」と考える方がいらっしゃると思いますが、サポニンはごぼうの皮にしか含まれていません。

ごぼうの皮を剥かなかったり、灰汁抜きをせずにそのままサポニンを生で摂取しようとすると人体に悪影響が引き起こされるかもしれません。

そのため、きちんと加工されてあるごぼう茶を摂取する必要があるのです。

爽快ごぼうなた豆茶であれば、飲み過ぎにだけ注意していれば、冷え性を少しずつ改善していくことができます。

爽快ごぼうなた豆茶をホットで飲むことで、身体を芯から温めることが可能ですので、是非試してみてください。

 

>>> 爽快ごぼうなた豆茶の詳細はこちら

 

ごぼう茶を飲んで、思うように冷え性が改善されないという方は、タバコを吸っていたりカフェインを多く摂取し過ぎているかもしれません。

喫煙や過度のカフェイン摂取は、血管を収縮させる作用があるので、血液の流れが悪くなり、冷え性の症状を悪化させてしまいます。

つまり、ごぼう茶の効果に反するものなるため、ごぼう茶で身体を温めていたとしても、それほど大きな効果を得られないというわけです。

せっかくのごぼう茶の効能が無意味なものになってしまうので、タバコを吸っている方は禁煙をして、コーヒーや緑茶といったカフェイン飲料の代わりにごぼう茶を飲む習慣をつけてみてください。

ただし、サポニンは摂取のしすぎによって副作用が引き起こされるかもしれないので、大量に飲まない方が良いかもしれません。

「ごぼう茶の効果」についてのページ