ごぼう茶と発毛について

ごぼう茶には発毛効果があると言われており、髪の毛の薄さで悩んでいる男性の方からも人気を得ております。

もちろん、ごぼう茶は薬ではなく健康茶の一種ということで、いくら発毛効果があるとは言っても短期間でフサフサの状態を手に入れることはできません。

それに、ごぼう茶の中にAGAの直接的な原因とも言えるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑えるような成分が含まれているわけではありませんし、髪の毛を刺激して活発に生えさせるような成分も特にないのです。

それでも、強い抗酸化力と血流をスムーズにする効果を持ち合わせているのは事実なので、これがごぼう茶で発毛効果が得られると考えられている大きな理由なのではないでしょうか。

抗酸化作用とはその名の通り、体内で引き起こされる酸化作用に抗う反応のことを指し、老化を引き起こす活性酸素に働きかけてくれます。

活性酸素による障害は肌だけではなく頭皮にも同じように当てはまり、真皮乳頭細胞が傷付くことで発毛が大きく阻害されるのです。

そこで、抗酸化作用を持ったポリフェノールが豊富なごぼう茶を飲むことにより、体内で作られる活性酸素を除去して抜け毛の発生を予防できます。

また、ポリフェノールは同時に血流をアップさせる作用もあり、頭皮に十分な栄養素が行き渡りやすくなる点も、発毛を促せると言われている大きな理由なのではないでしょうか。

このように、ごぼう茶が毛髪と大きく関わっているのは紛れもない事実なので、当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

さて、ごぼう茶が発毛に良いと言われている要因として、水溶性食物繊維のイヌリンも挙げられます。

イヌリンは知覚神経を刺激し、毛母細胞や毛乳頭細胞の活性化に繋がるIGF-1を増やす作用があるのです。

IGF-1はインスリン様成長因子とも呼ばれており、この不足によって新陳代謝が低下し、毛髪の生成サイクルに異常が生じます。

更に、学習効果を高めたり神経伝達にも影響があり、不足状態を放置することで高血圧や脂質異常症、心臓疾患といった重大な病気に繋がるため、その予防のためにもごぼう茶を積極的に飲んだ方が良いかもしれません。

以上のように、活性酸素を抑え頭皮への栄養供給をスムーズにしてくれるごぼう茶を飲むことで、抜け毛や薄毛の進行を食い止めることができます。

いつまでも若々しい状態をキープしたいのであれば、フサフサの髪の毛は最低条件なので、ごぼう茶を毎日の生活の中に取り入れてみましょう。

「ごぼう茶の効果」についてのページ