ごぼう茶を飲んで歯の着色は引き起こされる?

ごぼう茶を飲んで歯の着色は引き起こされる?

健康や美容に良いお茶として、ごぼう茶は若い女性を中心に人気を得ています。

近年ではダイエットやアンチエイジングが目的で、ごぼう茶を飲む人の数は増えました。

しかし、「ごぼう茶を飲んで歯の着色は引き起こされるの?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

一般的に、歯の着色を引き起こす飲み物は次の4つです。

 

・赤ワインやタンニンを含む白ワイン

・アイスコーヒーやホットコーヒー

・歯の変色を助長させる炭酸飲料

・茶渋を含む紅茶やウーロン茶

 

コーヒーやワインほどではないものの、ごぼう茶でも歯の着色のリスクは少なからずありますね。

茶渋成分がカップに付着するのと同じ原理で、歯にも色を残してステインに変化して着色汚れの原因になるメカニズムです。

歯に付着したステインは見た目のイメージが悪くなるばかりですので、十分に注意しないといけません。

 

ごぼう茶による歯の着色を防ぐ方法はこれだ!

ごぼう茶による歯の着色汚れが怖い人のために、ここでは予防する方法を幾つか紹介しています。

コーヒーやワインと比べてごぼう茶は歯の着色汚れが引き起こされる可能性は低いものの、歯の黄ばみの原因になりやすい点では一緒です。

どのような方法でごぼう茶による歯の着色を防げば良いのか、一度目を通しておきましょう。

 

ごぼう茶を飲んだ後に水でうがいをする

ごぼう茶に限った話ではありませんが、色の濃い食べ物や飲み物を完全に避けることはできません。

毎日の食生活で少なからず摂取する形になりますので、ごぼう茶を飲んだ後に水でうがいをしましょう。

水を口の中に含んでグチュグチュとうがいをするだけでも、茶渋が歯に付着するのを予防できます。

着色成分を口内に残さずに洗い流すのが歯の黄ばみを予防する効果的な方法だと覚えておきましょう。

 

しっかりと歯磨きをする

自宅にいる時は、ごぼう茶やコーヒーなどの飲み物を飲んだ後に歯磨きをしましょう。

水を使ってうがいをするよりも、歯磨きをした方が歯の着色成分が付着するのを予防できますよ。

ホワイトニング効果を持つ歯磨き粉を使ってブラッシングする方法もおすすめで、実店舗やネット通販で人気の高い製品を幾つか挙げてみました。

 

・ホワイトニング効果を高めるために4つのステップを編み出した「はははのは ホワイトニング ジェル」

・PEG400でヤニ汚れをしっかりと落としてくれる「GC ルシェロ ホワイト」

・白い歯を目指しながら歯周病のケアも可能な「オーラパール」

・美白成分に加えて口腔内のケアも同時に行うことができる「ASPLUSH」

・独自成分がエナメル質の修復を助けてくれる「アパガード Mプラス」

 

コンビニで市販されている歯磨き粉よりも値段は高いのですが、白くて健康的な歯をキープするサポートをしてくれます。

歯は私たちにとって大事な存在ですので、歯磨き粉にはお金をかけるべきです。

 

歯科医院で施術を受ける

「毎日のようにコーヒーやごぼう茶を飲んで歯の着色が酷くなった・・・」という方はいませんか?

ステイン汚れは日々の歯磨き粉で綺麗に落とすことはできませんので、歯科医院で次の施術を受けるのは選択肢の一つですね。

 

歯のクリーニング:歯と歯のスキマや歯茎の間など細かい場所まで綺麗にできる

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning):歯の表面に付着したステインや歯石を除去し、フッ素が配合された研磨ジェルで新たな汚れが付着するのを抑えてくれる施術

ホームホワイトニング:歯型をとってマウスピースを作成し、処方してもらった薬剤を自宅で歯に浸透させて白い状態を目指す

 

歯のクリーニングやPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)に関しては、着色汚れを落とすだけではなく歯の健康にも欠かせません。

歯垢や歯石が溜まった状態を放置していると歯肉炎や歯周病のリスクが高くなりますので、口腔内のケアは丁寧に行ってください。

 

ごぼう茶による着色汚れはそこまで気にしなくても良い!

こまめにうがいをしたり歯磨きをしたりしていれば、ごぼう茶による着色汚れはそこまで気にしなくてもOKです。

コーヒーや紅茶よりもステインは付着しにくいため、綺麗な歯をキープしながら飲み続けることができます。

「国産で美味しいごぼう茶を飲みたい!」と考えている方には、山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶がおすすめです。

山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶はネット通販の製品の中でも高い評判を獲得していますので、是非一度飲んでみてください。

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

「ごぼう茶の注意点」についてのページ