ごぼう茶と成長ホルモンについて

ダイエット効果や若返り効果が得られるということで、ごぼう茶は近年になって注目を集め始めた健康茶の一つとなっております。

様々な効能が得られることで有名ですが、その一つが成長ホルモンの分泌増加です。

脳下垂体前葉から分泌されるホルモンが成長ホルモンで、身体の様々な機能をコントロールしております。

身長を伸ばすホルモンなので子供の成長に欠かせない存在ですし、代謝を促す働きもあるので大人になってからも絶えず分泌されているのです。

この成長ホルモンの分泌を促してくれるのがアルギニンで、天然のアミノ酸の一種となっております。

ごぼう茶の中にはこのアルギニンが配合されており、成長ホルモンの分泌を促せる健康茶だと言われている大きな理由なのです。

アルギニンは肥満の改善やメタボリックシンドロームの予防に効果的だと言われており、動脈硬化や脳梗塞といった大きな病気のリスクを低くしてくれます。

体内で不足すると成長が阻害されたり、生活習慣病のリスクが高まったりするので、ごぼう茶を飲んで摂取を心掛けた方が良いかもしれません。

それに、ごぼう茶の中にアミノ酸だけではなく、ビタミンやミネラル、ポリフェノールなど人間が生きていくために欠かせない栄養素がバランス良く配合されております。

性別や年齢に関係なく愛されている健康茶なので、皆さんも一度当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

さて、私たちの成長に欠かせない成長ホルモンは、寝ている時に分泌されるという特徴があります。

特に、夜の10時から深夜の2時のゴールデンタイムに分泌量が増すため、「ゴールデンタイムに眠ると育毛効果が上がったり美肌効果が高まったりする」と考えられているのです。

ごぼう茶を飲んでアルギニンを摂取していても、不規則な生活習慣を送っていれば成長ホルモンを増加させることはできません。

大人で長期間に渡って成長ホルモンが不足すると、「不安感が高まる」「うつ傾向が生じる」「疲れやすくなる」「コレステロール値が上昇する」「免疫力が下がって風邪を引きやすくなる」という弊害があります。

様々な身体症状や精神症状のリスクが高まるため、睡眠不足には十分に注意しなければならないことがお分かり頂けるはずです。

10代をピークにして成長ホルモンは減少を辿るので、ごぼう茶を飲んで栄養素をバランス良く摂取するだけではなく、乱れた生活習慣を見直して規則正しい生活が送れるように努力してみてください。

「ごぼう茶の効果」についてのページ