ごぼう茶の選び方で押さえておきたいポイントはこれだ!

ごぼう茶の選び方

ごぼう茶の中にはたくさんの栄養素が含まれていますので、美容や健康を促す目的で飲んでいる方が増えています。

若い女性から人気ですが、近年では男性もごぼう茶を飲むようになりました。

ごぼう茶を実店舗やネット通販で購入するに当たり、「どんな製品を選べば良いの?」と悩んでいる方はいませんか?

どうせお金を支払って飲むなら美味しいごぼう茶を選びたいですよね。

ごぼう茶は製品によって1袋当たりの料金やごぼうの素材、味わいに大きな違いがあります。

このページでは、失敗を防ぐためにごぼう茶の正しい選び方で押さえておきたいポイントをまとめてみました。

ごぼう茶の選び方で迷っている方は、是非一度こちらのページを参考にしてみてください。

 

ごぼう茶のタイプで比較する

ごぼう茶は製品によって飲み方が大きく変わります。

そのため、ごぼう茶のタイプで比較するのは選び方で重視したいポイント!

ごぼう茶を大きくわけると、「茶葉タイプ」「ティーバックタイプ」「粉末タイプ」「ペットボトルタイプ」の4つで、それぞれの特徴を簡単に見ていきましょう。

 

・茶葉タイプのごぼう茶は手間がかかる代わりに、煮出した後に食べたり料理に加えて見たりと自由にアレンジして楽しむことができる

・ティーバックタイプのごぼう茶は分量をわざわざ測らなくても、カップや急須にお湯を注ぐだけでサっと手軽に飲むことができる

・粉末タイプのごぼう茶はお湯に溶かして飲むだけでOKで、濃くしたり薄くしたりと自由にアレンジして味を変えられる

・ペットボトルタイプのごぼう茶は、コンビニやスーパーで販売されている製品を購入して手間なく飲むことができる

 

例えば、手間なく外出先でもごぼう茶を飲みたい方はペットボトルタイプ、ただ飲むだけではなく料理に加えて楽しみたい方には茶葉タイプが適しています。

ごぼう茶のタイプによってメリットとデメリットの両方がありますので、自分の希望に合う製品を選ぶのが長く継続する秘訣です。

 

国産のごぼうを使っているかどうかで比較する

インターネット通販では、中国産や韓国産のごぼうを使ったごぼう茶が出回っています。

「海外産のごぼう茶は危険性が高いからやめた方が良い…」と一概に決め付けることはできません。

しかし、確かな品質の国産のごぼうを使った健康茶と比較してみると、海外産のごぼう茶には次のリスクがありますよ。

 

・日本では許可されていない農薬を使って栽培している恐れがある

・粗悪な工場で製造している製品も中には潜んでいる

・ごぼうの素材だけではなく加工にも気を配っていないことが多い

 

健康面や美容面で注目されるごぼう茶だからこそ、安全性はきちんと考慮しないといけません。

ごぼう茶は毎日の生活で飲み続ける形になりますので、「国産かどうか」「生産地が明確かどうか」といった点に気を配って選ぶべきです。

このページで紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は、青森の大自然で育った品質の高いごぼうを使っています。

お試しセットも用意されていますので、「味はどうなの?」「美味しいの?」と悩んでいる方にもおすすめです。

ネット上の口コミでも高い評判を獲得しているごぼう茶ですので、是非一度山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を試してみてください。

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

ごぼうの皮を丸ごと使っている

ごぼうに含まれている栄養素をしっかりと摂取して健康や美容を促したい方は、皮を丸ごと使っているごぼう茶を選びましょう。

ごぼうの皮の部分には、クロロゲン酸やタンニンなどのポリフェノールが豊富に含まれています。

これらのポリフェノールの摂取でどのような効果が期待できるのか見ていきましょう。

 

・クロロゲン酸は脂肪を溜め込むのを防いでダイエットをサポートしてくれる

・タンニンは高い抗酸化作用で老化の原因になる活性酸素を取り除いてくれる

 

ごぼうの中に含まれているポリフェノールは、健康と美容の両方に効果的な栄養素!

普段の食生活では不足しやすいため、ごぼうの皮を丸ごと使っているごぼう茶を飲んでバランス良く摂取しましょう。

味が美味しいのかどうかで比較する

ごぼう茶以外の健康茶にも該当しますが、味が美味しいのかどうかで比較すべきですね。

「不味い」「苦い」「青臭い」と感じるごぼう茶を毎日飲むのは苦痛で仕方ありません。

身体の内側から健康や美容を促すのが目的なのに、精神的なストレスが溜まっていては全く意味がありませんので、美味しいごぼう茶を選んだ方が良いのは当然です。

そこで、「まずはネット通販で販売されているごぼう茶をいくつかピックアップする」⇒「実際に商品を購入して味を確かめてみる(お試しセットがおすすめ)」⇒「美味しいと感じたごぼう茶を長く続ける」といった流れでごぼう茶を選んでみましょう。

「美味しい」「不味い」という判断は個人の感覚が大きいため、口コミや評判はあまりあてになりません。

他の人が不味いと感じていても自分は美味しいと思うことはありますので、実際にごぼう茶を飲んで確かめてみるのがベストです。

 

「ごぼう茶を通販で」についてのページ