クレアチニンとは?

クレアチニンとは、筋肉へのエネルギーの供給源である代謝副産物です。

主に医療機関ではクレアチニンを調べる検査が実施されており、腎臓の機能低下を把握できます。

 

①身体が正常な状態であればクレアチニンは自然と体外へと排出される

②何かしらの原因が引き金となって血液中のクレアチニンが多い

③腎機能が障害されていることが分かる

 

上記のように健康を図る一つの基準となり、高齢者の場合は病気の可能性も十分にあるので注意しなければなりません。

 

ごぼう茶を飲むとクレアチニンの数値が下がるの?

若返りや便秘のサポートとしてごぼう茶は有名で、現在では若い女性でも飲み始める方が増えました。

そこで、「ごぼう茶を飲むとクレアチニンの数値が下がるの?」という疑問を抱えている高齢者がいます。

確かに、ごぼう茶の中には腎臓などの内臓に良い栄養素が豊富に含まれていますし、健康を促す効能を持っていたとしても不思議ではありません。

「腎臓の病気を治療できる」と一概に説明することはできないものの、ごぼう茶を実際に飲んでみた方の口コミを見てみると、「クレアチニンの数値が下がってきました」と記載されていました。

以前の健康診断で基準値をオーバーしていた人でも、ごぼう茶を飲み始める生活に切り替えてからクレアチニンの数値が多少は下がったようです。

基準値よりも高い状態が続くと、以下のような病気を発症している可能性が高くなります。

 

・腎臓の働きが悪くなる腎臓病

・急激に腎臓の機能が悪くなる急性腎不全

・慢性的に腎臓の機能が悪くなる慢性腎不全

・酸素や栄養素が上手く体内に行き渡らない脱水症状状態

・成長ホルモンの過剰な分泌で顔の一部分が肥大化する末端肥大症

 

これらの病気を日常生活の中で予防するためにも、ごぼう茶を取り入れるのは選択肢の一つです。

仮に数値が下がらなくても健康や美容に良いのは紛れもない事実なので、当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみましょう。

市販されている中国産のごぼう茶とは異なり、高品質な国産の美味しいごぼうが使われているのでまずは山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶のお試しパックを注文してみてください。

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

クレアチニンの数値を下げるには?

ごぼう茶を飲むだけでは腎臓の機能を高めることはできません。

そこで、以下ではクレアチニンの数値を下げるために何をすれば良いのかご説明しているので、健康診断で注意喚起を受けた方は一度チェックしておきましょう。

 

・ウォーキングなどの軽い有酸素運動を継続して前後には水分補給をする

・ハムやソーセージなど塩分の多い加工品の摂取をできる限り控える

・動物性タンパク質の過剰摂取を避ける

・筋肉がエネルギー源として使われるので毎日の食生活でしっかりとエネルギーを補給する

・活性酸素を無毒化したり血液をサラサラにしたりする玉ねぎを食べる

 

もちろん、素人では正しい判断ができないので、既に腎臓の機能が阻害されているような人はかかりつけの医師の指示に従って日常生活を送ってください。

「ごぼう茶の効果」についてのページ