ごぼう茶とカフェインについて

お茶であれば全てカフェインが含まれていると思っている方はいらっしゃいますが、ごぼう茶には一切含まれていません。

確かに、緑茶やウーロン茶といったものにはカフェインが含まれているのですが、ごぼう茶はお茶の樹の葉から作っているわけではなく、ごぼうから作られております。

そのため、カフェインレスの飲み物となっているのです。

一切カフェインを摂取しないという生活は難しいのですが、コーヒーや紅茶の代わりにごぼう茶を飲めば、一日に摂取するカフェインの量を少しでも減らせます。

カフェインにはリラックス効果があり、同時に覚醒作用があるので、眠気を覚ましたい時には効果的な成分なのですが、摂取し過ぎることで不眠症が引き起こされてしまうのです。

また、自律神経の一種である交感神経を刺激し血圧が上がるので、高血圧の方は十分に注意しなければなりません。

それに、妊婦の方はカフェインを摂取によって、赤ちゃんにも悪影響が引き起こされます。

一日に300mlほどのカフェインであれば特に影響はないと言われていますが、大量に取り入れすぎると生まれる子供に異常が見られることがあるのです。

必ずしも悪い成分であるとは限らないのですが、念のために避けたい成分であることは間違いありません。

しかし、ごぼう茶であればカフェインは全く配合されていないので、妊婦さんでも安心して摂取できます。

「爽快ごぼうなた豆茶」はノンカフェインということに加えて、ゼロカロリーとなっているので、ダイエットをしている方にも最適です。

国産のごぼうとなた豆を使用した美味しい飲み物ですので、一度飲んでみてください。

 

>>> 爽快ごぼうなた豆茶の詳細はこちら

 

ごぼう茶はノンカフェインですので、妊婦の方でも安心して摂取できますが、念のために主治医の方に相談した方が良いかもしれません。

もちろん、胎児に危険な成分は配合されていないのですが、万が一があります。

自分の身体だけではなく、お腹の赤ちゃんのことを最優先に考えなければならないのです。

もしかしたら、アレルギーが引き起こされるような成分が含まれているかもしれないので、専門医に尋ねてみてください。

「ごぼう茶の成分」についてのページ